ALS機能評価スケール(ALSFRS-R)

1.言語
4.正常
3.軽度言語障害
2.繰り返すと理解できる
1.言語以外に伝達法を併用
0.言葉にならない

2.唾液
4.正常
3.口に唾液が溜まり夜間漏れる
2.中程度に唾液が多く少し漏れる
1.明らかに唾液が漏れる
0.たえず紙やハンカチをあてる

3.嚥下
4.何でも飲み込める
3.時々むせる
2.食事内容の工夫を要する
1.経管栄養が補助的に必要
0.全面的に非経口摂取

4.書字
4.正常
3.遅く拙劣だが判読できる
2.判読出来ない文字がある
1.ペンを握れても書けない
0.ペンを握れない

5a.食物を切る・器具を使う(胃瘻なし)
4.正常
3.少し遅く拙劣でも介助なくできる
2.遅く拙劣でも介助不要
1.切ってもらえればゆっくり食べられる
0.全面介助

5b.食物を切る・器具を使う(胃瘻あり)
4.正常
3.拙劣ながら動作はすべて自立
2.閉じる・閉めるに部分介助
1.介助者に少しだけ介助依頼
0.どのような作業もできない

6.身支度と身体の清潔
4.障害なく正常に着る
3.努力をし遅くとも完全自立
2.時々介助あるいは工夫を要する
1.介助が必要
0.全面介助

7.ベットでの体位変換とシーツ掛け
4.障害なくできる
3.努力を要し遅いが自立
2.やっとできる
1.開始の動作しかできない
0.なにもできない

8.歩行
4.正常
3.すぐ歩行困難
2.介助歩行
1.歩行不能
0.意図した下肢の動きが出来ない

9.階段昇降
4.正常
3.遅い
2.軽度に不安定、疲れやすい
1.介助を要する
0.全く出来ない

10.呼吸困難
4.ない
3.歩行時にでる
2.食事・入浴・身支度一つ以上に出る
1.坐位あるいは安静臥床時に出る
0.呼吸器が必要

11.起座呼吸
4.ない
3.通常は2つ以上の枕が必要でない
2.睡眠に枕が2つ以上必要
1.坐位でなければ睡眠できない
0.睡眠できない

12.呼吸不全
4.ない
3.間欠的にBiPAPを使用する
2.夜間はBiPAPを継続する
1.昼夜ともBiPAPを継続する
0.気管挿管または気管切開で呼吸器装着