患者さん/ご家族向けトップ

ALS

  • ALS基礎知識
  • 小冊子/ビデオご案内
  • 治療情報
  • ALS用語集
  • カルテの余白

CARE

  • 症状をやわらげるには?
  • 生活の工夫

INFO

  • 支援制度について
  • リンク集
ALS用語集

監修:LTTプログラム委員 岩崎 泰雄 先生 ・ 郭 伸 先生

用語
解説
四肢[シシ]発症型ALS[エーエルエス]
筋萎縮性側索硬化症[キンイシュクセイソクサクコウカショウ](ALS)筋萎縮性側索硬化症(ALS)
運動ニューロン病(MND)の一種で、大脳皮質運動野の上位運動ニューロンと脳幹・脊髄にある下位運動ニューロンの両方に進行性の変性が起こる病気です。そのため、あらゆる骨格筋(自分の意志で動かせる随意筋)に萎縮(やせ細り)や筋力低下が起こり、身体部位が侵される強さの違いにより、病初期にはさまざまな病型をとります。手足の動きが主に侵される四肢発症型ALS、会話、食べ物の咀嚼や飲み込みが侵される進行性球麻痺(PBP)などです。病期の進行とともに次第に全身の随意筋に筋力低下、萎縮が及び、呼吸が十分にできないようになると命にかかわります。ただし、知覚神経や自律神経(参照:自律ニューロン)は侵されないので、体の感覚(痛み・暑い寒い・触った感覚など)や知能、視力、聴力、内臓の機能などは正常に保たれます。呼吸筋麻痺に至るまでの経過は平均2~3年ですが、少数例は10年以上の経過をとります。成人発症のMNDのなかでは最も多い病気で(人口10万人あたり7~11人と推定されています)、大多数のALSは遺伝しません。
の発症タイプは、最初に現れる症状によって大きく2つに分けられます。手足(四肢)の筋肉が麻痺して、「手が握れなくなる」、「立ち上がりにくい」などの症状から現れる場合を四肢発症型ALSとよびます。一方で球麻痺[キュウマヒ]球麻痺
脊髄の上部に位置する延髄とよばれる部位が障害を受けることにより引き起こされる麻痺のことで、舌やのどの筋肉の力が弱まり、言葉を発しにくくなる、食物を飲み込みにくくなるなどの症状が現れます。
の症状(「飲み込みにくい」、「言葉を発しにくい」など)から始まる場合を球発症型ALSとよびます。四肢発症と球発症の割合は約3:1といわれています。
受容体(グルタミン酸受容体、AMPA[エーエムピーエーまたはアンパ]受容体)
ニューロン間(シナプスシナプス
ニューロンとニューロンとの情報伝達を行う構造をシナプスといいます。通常、情報を伝える側のニューロンの軸索と、伝えられる側のニューロンの樹状突起との間で構成されます。
)での情報伝達は、神経伝達物質神経伝達物質
神経における情報伝達は、ニューロンからニューロンへと伝えられますが、ニューロンとニューロンの間(シナプス)にはわずかにすき間があるため、この間の情報伝達は化学物質を使って行われます。この化学物質のことを神経伝達物質といいます。情報がニューロン内を伝わると軸索末端から神経伝達物質がシナプス間隙に放出され、次のニューロンがこれを受け取り情報が伝わります。
とよばれる物質の受け渡しにより行われますが、前シナプスから放出された神経伝達物質を受け取り、後シナプス側でその情報を次のニューロンニューロン(神経細胞)
神経は細胞からできており、神経を構成する最小単位のことをニューロン(または神経細胞)といいます。ニューロンは神経細胞体、樹状突起、軸索の3つの部分からなり、神経では多数のニューロンがネットワークをつくり、情報処理を行っています。
に伝えるはたらきをするのが受容体です。神経伝達物質の種類によって受容体も異なり、グルタミン酸グルタミン酸
必須アミノ酸の1つですが、脳・脊髄では興奮性神経伝達を司る神経伝達物質として中心的な役割を果たしています。グルタミン酸の過剰により、細胞が障害されると考えられています。
を受け取る受容体はグルタミン酸受容体とよばれ、サブタイプにAMPA受容体、カイニン酸受容体、NMDA受容体(以上イオンチャネル型グルタミン酸受容体)、代謝調節型グルタミン酸受容体があります。
自律ニューロン
呼吸、血液の流れ、消化、体温調節など生命活動を維持するうえで必要な機能を自分の意思とは無関係に自動的に調整している神経です。
神経伝達物質
神経における情報伝達は、ニューロンニューロン(神経細胞)
神経は細胞からできており、神経を構成する最小単位のことをニューロン(または神経細胞)といいます。ニューロンは神経細胞体、樹状突起、軸索の3つの部分からなり、神経では多数のニューロンがネットワークをつくり、情報処理を行っています。
からニューロンへと伝えられますが、ニューロンとニューロンの間(シナプスシナプス
ニューロンとニューロンとの情報伝達を行う構造をシナプスといいます。通常、情報を伝える側のニューロンの軸索と、伝えられる側のニューロンの樹状突起との間で構成されます。
)にはわずかにすき間があるため、この間の情報伝達は化学物質を使って行われます。この化学物質のことを神経伝達物質といいます。情報がニューロン内を伝わると軸索[ジクサク]軸索
ニューロンを構成する細胞体から伸びる突起で、末端が複数に枝分かれしています。他のニューロンへ情報を伝えるために、神経伝達物質とよばれる化学物質を放出します。
末端から神経伝達物質がシナプス間隙[カンゲキ]シナプス間隙
ニューロンの軸索終末(前シナプス)とニューロンの樹状突起(より厳密にはスパイン:後シナプス)の接続部であるシナプスにはわずかなすき間があり、このすき間をシナプス間隙といいます。
に放出され、次のニューロンがこれを受け取り情報が伝わります。神経伝達物質
進行性球麻痺[キュウマヒ](PBP[ピービーピー]
筋萎縮性側索硬化症[キンイシュクセイソクサクコウカショウ](ALS)筋萎縮性側索硬化症(ALS)
運動ニューロン病(MND)の一種で、大脳皮質運動野の上位運動ニューロンと脳幹・脊髄にある下位運動ニューロンの両方に進行性の変性が起こる病気です。そのため、あらゆる骨格筋(自分の意志で動かせる随意筋)に萎縮(やせ細り)や筋力低下が起こり、身体部位が侵される強さの違いにより、病初期にはさまざまな病型をとります。手足の動きが主に侵される四肢発症型ALS、会話、食べ物の咀嚼や飲み込みが侵される進行性球麻痺(PBP)などです。病期の進行とともに次第に全身の随意筋に筋力低下、萎縮が及び、呼吸が十分にできないようになると命にかかわります。ただし、知覚神経や自律神経(参照:自律ニューロン)は侵されないので、体の感覚(痛み・暑い寒い・触った感覚など)や知能、視力、聴力、内臓の機能などは正常に保たれます。呼吸筋麻痺に至るまでの経過は平均2~3年ですが、少数例は10年以上の経過をとります。成人発症のMNDのなかでは最も多い病気で(人口10万人あたり7~11人と推定されています)、大多数のALSは遺伝しません。
の亜型で、延髄の下位運動ニューロン下位運動ニューロン
運動ニューロンは運動の指令を筋肉に伝える神経で、上位と下位の2つに分けられます。上位運動ニューロンを通じて伝えられた運動の指令は、脳幹・脊髄から筋肉へと伝えられます。脳幹の運動神経核・脊髄前角に細胞体があり、筋肉に軸索を送っている運動神経を下位運動ニューロンといいます。
(迷走神経核、副神経核、舌下神経核などにある)の変性が強いのに比べ、脊髄[セキズイ]脊髄
脳から背中の下方まで伸びている約40~45cmの器官で、生命維持にとってきわめて重要なはたらきをしています。脊髄からは脊髄神経が出ており、脳からの命令を体の各部位へ伝えています。また、手や足などで感じた情報も脊髄を通って脳へと伝えられます。
の下位運動ニューロンの変性が軽いため、手足の筋力は保たれているのに咀嚼[ソシャク]・嚥下[エンゲ]構音[コウオン]の障害構音障害
球麻痺の症状の1つで、舌やのどの筋肉の力が弱まるため、言葉を発しにくくなったり、ろれつが回らなくなったりすることをいいます。構音障害を含め、会話以外でも意思疎通が困難な状態をコミュニケーション障害とよびます。
が強く現れます。手足よりも呼吸筋が早く侵されることが多いので、歩く筋力はあっても呼吸障害が強く現れやすいのです。上位運動ニューロン上位運動ニューロン
運動ニューロンは運動の指令を筋肉に伝える神経で、上位と下位の2つに分けられます。運動の指令は脳にある上位運動ニューロンを通じてまず脳幹・脊髄へと伝えられ、さらに筋肉へと伝えられます。大脳運動野に細胞体があり脳幹・脊髄に軸索を送っている運動神経を上位運動ニューロンといいます。
にも変性が起こるために顎のつっぱりや強制泣き笑いといった症状が出ることもまれではありません。ALSの3分の1程度を占める亜型です。
侵襲的呼吸補助(TIV[ティーアイヴイ]

気管切開をして人工呼吸器につなぎ、管(気管カニューレ)を挿管して気管内に直接空気を送り込むことによって呼吸の補助をする方法です。気管切開が必要なので侵襲的とよびます。一部を除き、食事や会話はできなくなります。侵襲的人工呼吸療法(TIPPV)ともいいます。

気管切開と気管カニューレ

侵襲的呼吸補助

錐体路[スイタイロ]障害
大脳皮質(一次運動野)の上位運動ニューロン上位運動ニューロン
運動ニューロンは運動の指令を筋肉に伝える神経で、上位と下位の2つに分けられます。運動の指令は脳にある上位運動ニューロンを通じてまず脳幹・脊髄へと伝えられ、さらに筋肉へと伝えられます。大脳運動野に細胞体があり脳幹・脊髄に軸索を送っている運動神経を上位運動ニューロンといいます。
の細胞体や軸索[ジクサク]軸索
ニューロンを構成する細胞体から伸びる突起で、末端が複数に枝分かれしています。他のニューロンへ情報を伝えるために、神経伝達物質とよばれる化学物質を放出します。
の障害による神経症状です。その軸索の下位運動ニューロン下位運動ニューロン
運動ニューロンは運動の指令を筋肉に伝える神経で、上位と下位の2つに分けられます。上位運動ニューロンを通じて伝えられた運動の指令は、脳幹・脊髄から筋肉へと伝えられます。脳幹の運動神経核・脊髄前角に細胞体があり、筋肉に軸索を送っている運動神経を下位運動ニューロンといいます。
への通り道を錐体路(延髄の腹側で錐体の形をとる)とよぶので、この名前が付いています。上位運動ニューロン障害ともよびます。臨床的には、脳幹や脊髄[セキズイ]脊髄
脳から背中の下方まで伸びている約40~45cmの器官で、生命維持にとってきわめて重要なはたらきをしています。脊髄からは脊髄神経が出ており、脳からの命令を体の各部位へ伝えています。また、手や足などで感じた情報も脊髄を通って脳へと伝えられます。
の下位運動ニューロンへの指令がうまく伝わらないことにより、手足の筋肉が突っ張る(痙縮[ケイシュク])、筋肉の反射が過剰に強くなる(腱反射亢進[コウシン])、正常人には出ない反射(病的反射)が出る、などとして現れます(錐体路徴候)。
スプライシング
遺伝子遺伝子
DNAのなかで体に必要な蛋白質を作り出すための情報を担っている領域のことをいいます。
のなかには蛋白質のアミノ酸配列の情報をもつ部分(エクソンエクソン
遺伝子のなかで蛋白質のアミノ酸配列の情報をもつ部分をエクソンといいます。
)とそうではない部分(イントロンイントロン
遺伝子のなかで蛋白質のアミノ酸配列の情報をもたない部分をイントロンといいます。スプライシングにより除かれます。
)が存在し、イントロンを取り除く過程をスプライシングといいます。スプライシングはDNADNA
デオキシリボ核酸(deoxyribonucleic acid)を略してDNAとよんでいます。遺伝子の本体であり、4種類の塩基とよばれる物質[アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)]が鎖のように連なってできています。3個の連続した塩基の配列(コドン)が1個のアミノ酸に対応するため、この塩基の並び方(塩基配列)によってアミノ酸配列が決まり、つくられる蛋白質が決まります。
から遺伝子を写し取った未成熟メッセンジャーRNA(pre-mRNA)未成熟メッセンジャーRNA(pre-mRNA)
転写によってDNAから遺伝情報を写し取ったRNAのことをいい、このままでは機能しないため、スプライシング、RNA編集などのRNA修飾を受けて成熟mRNAとなります。
で行われます。スプライシング
脊髄[セキズイ]
脳から背中の下方まで伸びている約40~45cmの器官で、生命維持にとってきわめて重要なはたらきをしています。脊髄からは脊髄神経が出ており、脳からの命令を体の各部位へ伝えています。また、手や足などで感じた情報も脊髄を通って脳へと伝えられます。脊髄
脊髄性筋萎縮症[セキズイセイキンイシュクショウ](SMA[エスエムエー])/進行性筋萎縮症(PMA[ピーエムエー]
運動ニューロン病(MND)運動ニューロン病(MND)
運動ニューロンの変性により、脳から筋肉への指令が伝わりにくくなるために、随意運動が困難になる病気の総称です。運動ニューロン以外の中枢神経には強い変性はみられない特徴があります。変性が起こる運動ニューロンが上位運動ニューロンか下位運動ニューロンかによって、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄性筋萎縮症(SMA)、原発性側索硬化症(PLS)に分類されます。
の一種で、下位運動ニューロン下位運動ニューロン
運動ニューロンは運動の指令を筋肉に伝える神経で、上位と下位の2つに分けられます。上位運動ニューロンを通じて伝えられた運動の指令は、脳幹・脊髄から筋肉へと伝えられます。脳幹の運動神経核・脊髄前角に細胞体があり、筋肉に軸索を送っている運動神経を下位運動ニューロンといいます。
のみに変性変性(神経細胞の変性)
細胞の構造や機能が失われてしまうことをいいます。神経変性疾患では何らかの原因によって神経細胞内に蛋白質が過剰に蓄積し、正常な機能を果たさなくなることがあります。
が起こり、手足や胴体・顔面に進行性の筋肉のやせ(筋萎縮[キンイシュク]筋萎縮
筋肉が縮む(やせ細る)ことです。筋萎縮性側索硬化症(ALS)では筋肉そのものに原因があるわけではありませんが、運動ニューロンの変性によって筋萎縮が生じます。
)、筋力低下が起こる病気です。発症する年齢や臨床経過の速さによってSMAⅠ~SMA Ⅳ型に分類されています。SMAⅠ~SMA Ⅲ型はSMN 遺伝子の変異により起こり、発症年齢が乳児期(Ⅰ型)~青年期(Ⅲ型)であるのに対し、成人発症のSMA Ⅳ型にはこの遺伝子異常が見つかる率は低く、病因も単一ではない、と考えられています。SMA Ⅳ型は進行性筋萎縮症(PMA)とよばれることもあります(以前使われていた脊髄性進行性筋萎縮症(SPMA)という用語は最近では使われません)。その他、X染色体性遺伝のアンドロゲン受容体遺伝子変異による球脊髄性筋萎縮症[キュウセキズイセイキンイシュクショウ](SBMA)も広義のSMAに分類されます。
責任遺伝子
染色体
生物の細胞のなかには核とよばれる構造体が存在し、染色体はその核のなかにあります。染色体はヒストンとよばれる蛋白質にDNADNA
デオキシリボ核酸(deoxyribonucleic acid)を略してDNAとよんでいます。遺伝子の本体であり、4種類の塩基とよばれる物質[アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)]が鎖のように連なってできています。3個の連続した塩基の配列(コドン)が1個のアミノ酸に対応するため、この塩基の並び方(塩基配列)によってアミノ酸配列が決まり、つくられる蛋白質が決まります。
が巻きついたもので、遺伝情報を収納しています。ヒトには24種類の染色体があり、そのうち22種類は男女に共通し、常染色体(染色体番号1~22)といい、残りの2種を性染色体(X染色体とY染色体)といいます。ヒトは父親由来と母親由来の2組(23本ずつ46本)の染色体をもち、22本の常染色体と1本の性染色体(X染色体またはY染色体)の23本が1組になります。常染色体は父親と母親から1本ずつ受け継ぎ2本が1対となって機能します。2組の性染色体がいずれもX染色体の場合は女性、X染色体とY染色体の組み合わせの場合は男性になります。
前頭側頭葉変性症[ゼントウソクトウヨウヘンセイショウ](FTLD[エフティーエルディー]
脳の前方部分を占める前頭葉と横方部分を占める側頭葉を中心に萎縮[イシュク]や機能低下がみられる神経変性疾患です。65歳以下で発症する認知症(痴呆症)の原因としてはアルツハイマー病に次いで頻度の高い疾患です。行動異常や言語機能異常が特徴として現れます。さまざまな蛋白の異常が見出されており、ユビキチンユビキチン
あらゆる細胞に存在する蛋白質で、細胞内の不要または異常な蛋白質に結合し蛋白分解経路へ導入する働きをもつため、異常な蛋白質や不要になった蛋白質の目印となります。
陽性の封入体[フウニュウタイ]封入体
細胞内に蓄積する異常構造物を封入体といいます。
をもつFTLD(TDP-43TDP-43
細胞の核に存在し、RNA代謝に関与することが知られていますが、機能についてはいまだ不明な点が多い蛋白質です。筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭葉変性症(FTLD)の患者さんの脳・脊髄内において細胞内にTDP-43の異常な蓄積が認められており、孤発性ALSの運動ニューロンには特異的にこの病変がみられるので、ALSの病因に関与していると考えられています。また、TDP-43をつくる遺伝子の異常によりALSが発症することが確かめられています(ALS6)が、FTLDは発症しません。TDP-43遺伝子異常は家族性ALSの4~6%、孤発性ALSの0~2%程度にみられるといわれています。
FUS/TLSFUS/TLS
細胞の核、神経のシナプスに多い蛋白質で、TDP-43同様RNA代謝に関与すると考えられています。一部の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の運動ニューロンや前頭側頭葉変性症(FTLD)の皮質ニューロンにFUS/TLS陽性の異常な細胞内蓄積物を認めます。その遺伝子の変異によりALSを引き起こし(ALS8)、家族性ALSの4~6%、孤発性ALSの0.7~1.8%にみられるといわれています。TDP-43の遺伝子異常と同様、FTLDは発症しません。また、一部のFTLDにFUS/TLS陽性封入体がみられますが、FUS/TLS遺伝子には異常がありません。
の異常をもつものを含む)、タウタウ
細胞に含まれる蛋白質の1つです。細胞の形を安定化させる役割(細胞骨格蛋白)をもっていますが、変性した神経細胞内に過剰に蓄積するため、神経変性疾患の原因の1つにタウ蛋白の代謝異常があると考えられています。また、タウ遺伝子の変異により特異な病型の前頭側頭葉変性症(FTLD)を引き起こします。
蛋白異常のあるFTLDに大別されます。