ALS治療薬 / リルテック製品情報

製品情報

「禁忌を含む使用上の注意」等の改訂には十分ご留意ください。

禁忌

【禁忌 (次の患者には投与しないこと)】

  • 1. 重篤な肝機能障害のある患者[「1.慎重投与」、「2.重要な基本的注意」及び「4.副作用」の項参照]
  • 2. 本剤又は本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 3. 妊婦又は妊娠している可能性のある患者[「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]

組成・性状

販売名 リルテック錠50
有効成分
(1錠中)
リルゾール50mg
添加物 無水リン酸水素カルシウム、結晶セルロース、 クロスカルメロースナトリウム、軽質無水ケイ 酸、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、 マクロゴール、酸化チタン
色・剤形 白色のフィルムコーティング錠
外形 外形
大きさ(mm) 長径:約10.1、 短径:約5.1
厚さ(mm) 約3.2
重量(g) 約0.20
識別コード RPR202

有効成分に関する理化学的知見

一般名:
リルゾール(Riluzole)
化学名:
2-Amino-6-(trifluoromethoxy)benzothiazole
分子式:
C8H5F3N2OS
分子量:
234.20
構造式:
画像:構造式
性 状:
本品は白色~微黄色の結晶性の粉末である。
本品はN,N -ジメチルホルムアミド、メタノール又はアセトニトリルに極めて溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルに溶けやすく、水に極めて溶けにくい。
本品は0.1mol/L塩酸試液に溶ける。
本品は希水酸化ナトリウム試液に溶けない。
融 点:
117~120℃

効能又は効果

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病勢進展の抑制

用法及び用量

通常、成人には本剤を1回1錠、1日2回(朝及び夕食前)、リルゾールとして1日量100mg(本剤2錠)を経口投与する。